埼玉県久喜市上川崎の服部昌行税理士事務所です。税金や経営に関する問題、財産管理、事業承継などお気軽にご相談ください。

就業規則について

就業規則とは

1.就業規則の役割

労働条件や職場のルールがはっきりし、トラブルのない明るい職場づくりに役立ちます。

労働条件を結んだときに示された労働条件と現実のそれが違っていたために、労使間でトラブルが発生するといったことも少なくありません。

こうしたことを避けるためにも、労働条件や職場のルールをはっきりさせ、就業規則で明確にしておく必要があります。就業規則作成は、労使間のトラブルのない明るい職場づくりの第一歩といえます。

2.就業規則の作成義務

常時10人以上の労働者を使用する使用者は必ず就業規則を作成しなければなりません。
パートタイマーやアルバイトなども含め常時10人以上の労働者を使用する事業場では、就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければなりません。
一 方、規模10人未満の事業場には就業規則は課せられていないことになりますが、零細企業であっても労働条件を明示する義務があることは規模10人以上の場 合と同様です。規模10人未満の事業場であっても、就業規則を作成しておくことが望ましいと言えます。もっとも、それを行政官庁に届け出る必要はありません。

また、助成金の中には、支給要件の中に就業規則に記載されていることが必要なものがあります。
就業規則

就業規則のサンプルダウンロードはこちらから

※PDFファイルをご覧いただくためにはアドビシステムズ社が無料配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。
左のボタンをクリックし、アドビ社のホームページよりダウンロードしてください。

服部昌行税理士事務所では就業規則の無料診断を行っております。お気軽にお問い合わせください。